コンディショニングブログ

座っていると足が
「しびれてくる」
「だるくなる」
症状とは。。。

ここのところ当店に多い相談として、
仕事などで座っていると
お尻あたりから太ももの主に外側にかけて
「しびれてくる」
「だるくなる」
といったものが聞かれます。

痛みの原因は筋膜が関係することが多い

これらの症状について結論から言うと、
「筋膜」が関係していることが非常に多いと感じています。
坐骨神経痛・腰椎椎間板ヘルニアなども同様の症状が出ることがありますが、これらの違いは
「神経が症状の原因となっているかどうか」です。

坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアであれば、神経にストレスをかけるテストを行った場合に陽性となります。
また腰椎椎間板ヘルニアであれば、MRIでの画像診断でもヘルニアの存在が確認できます。

「レントゲン」や「MRI」で異常がみられなかったり
「同じ姿勢で長くいるとツライ、動いている方が楽」

といった場合には「筋膜」が関係していることがほとんどです。

チェックする筋膜の部位としては、
「梨状筋」
「中臀筋」
「大臀筋」
このあたりをチェックすると非常に硬くなっている場所がおそらく確認できます。

筋膜の治療は基本的には
『「圧」をかけてほぐす、周囲との動きを引き出す』ことが重要となりますので、
ストレッチではなかなか硬さが取りきれないことが多いです。

お尻あたりから太ももの主に外側にかけて

「しびれてくる」
「だるくなる」
といった症状でお悩みの方は近隣の
「筋膜治療」が可能な病院や整体院等をお探しになると良いかと思います。

当店でも筋膜への施術を行っておりますので、お近くでお悩みの方は一度ご相談ください。

ブログトップ

その他のブログもお読みになりたい方

BE FITの特徴

こちらのページも合わせてご覧ください

友だち追加

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-4690

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お電話受付時間

受付日
 
午前
午後
受付時間

平日/10:00-22:00 (Last 20:30~) 
土日・祝/9:00-20:30 (Last 19:00~)

問い合わせフォームからのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

不定休